芸能

【2019年決定版】日本で活躍する英語が話せる芸能人・有名人まとめ

投稿日:2018年9月13日 更新日:

 

日本で大活躍する芸能人や有名人にも、実は英語を喋れる人がたくさんいます。あんな人やこんな人も!

そんな英会話レベルからネイティブレベルまで、英語を話せる日本人の有名人・芸能人をまとめました。

 

kanaさん
タレントの子供ってインターナショナルスクール行くこと多いって聞くから、そういうのもあるのかもね。

都内の高級住宅街にはそういう学校もあるよね。学費は日本の学校に通わせるより2倍以上かかる。でも、卒業生はビジネスで成功したりタレントになったり、普通の人の数倍以上稼ぐようになるみたい。
こばやん
kanaさん
へえ~。

 

おうちホームステイの料金は?ちゃんと無料で使える?

  1日たった30分、無料で英語がペラペラになると話題の英会話教材「おうちホームステイ」。 無料ニュースアプリの「グノシー」「スマートニュース」など多くのアプリやサイト上で、体験談を見たとい ...

続きを見る

 

 

あ行の有名人・芸能人

『あ』

 

・AI (あい シンガーソングライター)

アメリカ・カリフォルニア州ロサンゼルス生まれ。父が日本人、母親がイタリア人と日本人のハーフのクォーター。家庭では英語と日本語で話し完全なバイリンガル。鹿児島で中学校を卒業し、渡米。ロサンゼルスのパフォーミング・アーツ・スクールでダンス、歌唱などを学ぶび日本で紅白に出場するまでになった。

・相武紗季 (あいぶ さき 女優)

高校のときに英検準2級取得。その後、2013年からアメリカに4ヶ月間留学。その後のドラマで流暢な英語を話し話題に。バラエティで海外に行った際も英語の日常会話をを軽々とこなすほど。

・青山テルマ(あおやま てるま 歌手)

トリニダードトバゴ人のハーフの父と日本人の母のクオーター。12歳からアメリカのロサンゼルスで過ごす。上智大学の教国際養学部を卒業しておりバイリンガル。子供の教養番組で英語のお姉さんをしていたことも。本人にとっては黒歴史。

・秋元才加 (あきもと さやか アイドル)

日本人の父とフィリピン人の母を持つハーフ。英語とタガログ語が話せるが、国際的なアイドルを目指し英語を勉強中。海外での公演では英語でメインボーカルを務めることも。

・安良城紅 (あらしろ べに 歌手)

BENI名義で歌手活動を行う。アメリカ人の父と日本人の母を持ち、小さい頃は沖縄と日本を行き来しながら生活したため、英語が堪能である。アメリカンスクールに通い、上智大学国際教養学部卒業のためその英語力は今でも高い。

・杏 (あん モデル・女優)

独学で英語をマスターし、海外のコレクションにも英語で自分を売り込んだほど。現在はフランス語も日常会話程度ならできるそう。努力家。

 

『い』

 

・生島翔 (いくしま しょう 俳優)

生島ヒロシの次男。お小遣いは毎月数十万だったらしい。潤沢な資金力で15歳で渡米。ニューヨーク大ティッシュ校ダンス科を卒業されているので英語力も抜群。ハリウッド映画にも出演している。

・池田エライザ (いけだ えらいざ 女優)

自撮りの神らしい。フィリピン人とスペイン人のハーフの母と日本人の父を持つ。英語はイマイチらしいが母親との会話を英語で行うなど特訓中の模様。

・石田ニコル (いしだ にこる モデル)

ロシア系アメリカ人の父と日本人の母を持つハーフ。山口県出身だが学生時代には英語部に所属し、英語が特技だとか。ドラマでも流暢な英語を話しているようです。

・石原さとみ (いしはら さとみ 女優)

もともと話せなかったが英会話のCMに出たのをきっかけに英会話をマスター。映画「シン・ゴジラ」で流暢な英語を披露している。訛りがひどいと叩かれるているようだが、一からあそこまで喋れるようになったのを称賛こそすれ、けなすのはいかがなものか。

・伊勢谷友介 (いせや ゆうすけ 俳優)

12歳から英語塾に通い、大学時代にアメリカに短期留学した経験から英語が話せる。ココ塾のCMでもおなじみ。

・市川紗椰 (いちかわ さや モデル)

お父さんはアメリカ人、お母さんは日本人。3歳下から14歳までアメリカで過ごし完全なバイリンガル。早稲田卒のインテリでキャスター経験もあり(成功したとは言い難いが…)英会話の番組ではキレイな英語を話されていました。

・稲森いずみ (いなもり いずみ 女優)

高校卒業後、おばのいるテキサスに語学留学。いずれ海外で仕事をしたいという夢があるそうで、今でも英語の勉強を欠かさずネイティブレベルの英会話力がある。稲森さんの英語力はパックンも絶賛したようです。

・井上真央 (いのうえ まお 女優)

高校時代に英検準1級取得。あの激務の中どうやって取得したのか…。努力家ですね。ただペラペラかどうかはわかりません。

・IMALU (いまる タレント)

明石家さんまと大竹しのぶの娘という芸能界のサラブレッド。カナダに三ヶ月留学経験があり英語はペラペラだそう。YOUTUBEなどでも洋楽のカバーが上がっているが…。

 

『う』

 

・宇多田ヒカル (うただ ひかる 歌手)

生まれも育ちもアメリカのバイリンガール。逆に日本語を漫画で覚えたっていうくらい英語が上手。

 

『え』

 

『お』

 

・大沢たかお (おおさわ たかお 俳優)

パリコレに出演経験もある元トップモデル。その際の経験から海外の虜になり今でも年に1,2ヶ月は海外で暮らすそう。本人曰く『海外では困らない程度に英語は話せる。』

・大貫亜美 (おおぬき あみ 歌手)

PUFFYのボーカル。父親が英語が堪能で幼い頃に韓国で暮らした経験から英語に親しむ。また、神田外語学院卒で英語に堪能。海外の公演では英語で歌ったことも。

・大屋夏南 (おおや かな モデル)

ブラジル人の父と日系ブラジル人二世の母を持つクォーター。24歳まで英語が話せなかったそうだが、本人の努力の成果で話せるように。今でも勉強を継続中だそうだ。海外の出会いを楽しみにしているらしい。

・小川麻琴 (おがわ まこと 歌手)

2006年モーニング娘在籍中に突然語学留学をすることを発表。その年の12月からニュージーランドへ語学留学。2013年にはTOEICで800点を取るほどに努力した。小川麻琴の1日1英単語覚えようというユーチューブのチャンネルがある。フォレスト出版からは教材も発売中。

・小澤征悦 (おざわ ゆきよし 俳優)

父は指揮者の小澤征爾、母はロシア人と日本人のハーフで女優の入江美樹でクォーターである。3歳まではアメリア家で過ごすし、成城高校、成城大学を卒業する。大学在学中に一年間演劇を学ぶためにボストン大学に留学しているのでこのときに英語をマスターしたと思われる。2015年には『ザ・フォレスト』という映画でハリウッドデビュー。

・オノ・ヨーコ(おの よーこ 芸術家)

銀行員の父親の影響で幼少から何度もアメリカで過ごす。超がつくお嬢様。学習院大学からサラ・ローレンス大学に移り前衛芸術に傾倒する。ジョンレノンの妻として有名。

 

か行の有名人・芸能人

『か』

 

・加賀美セイラ (かがみ せいら モデル)

ポーランド系のケベック出身の父と日本人の母を持つ。小さい頃は英語が喋れたわけではなかったようだが、インターナショナルスクールに通いネイティブレベルまで喋れるようになった。

・GACKT (がくと 歌手)

元MALICE MIZERのボーカル。日本語、英語、中国語、韓国語、フランス語を話せるらしい。マレーシアに住んでいるので英語はペラペラ。

・香椎由宇 (かしい ゆう 女優)

母方の祖父が米国人のクォーター。小学校6年までシンガポールで過ごしており、バイリンガルである。夫はオダギリジョー。

・勝間和代 (かつま かずよ 評論家、経営者)

新卒の際に英語が必要になり無理やり学んだらしい。15年間外資系の会社に勤め上げ、今ではテレビで見ない日はないくらい活躍されている。ジムに通いながら、ウォークマンで学習するというながら勉強が一時流行った。

・河北麻友子(かわきた まゆこ タレント・女優)

祖父母、両親は日本人だがニューヨークで生まれ育ち、アメリカ国籍を取得したため国籍上は日本人ではなく日系4世アメリカ人。英語が母国語で、日本語が外国語な人。第9回全日本国民的美少女コンテストでグランプリ賞・マルチメディア賞を受賞。良家のお嬢様。

・川原亜矢子 (かわはら あやこ モデル・タレント)

1991年からパリでモデルとして活躍した。その際に英語とフランス語をマスター。日本でタレントとして活躍していたが、結婚を期に休業中である。

・菅野美穂(かんの みほ 女優)

淑徳大学国際コミュニケーション学部を中退。独学で英語を取得。海外旅行が好きで33カ国以上を訪れたことがあるとか。夫は堺雅人。

 

『き』

 

・北川景子 (きたがわ けいこ 女優)

2006年9月16日公開のハリウッド映画「ワイルドスピードX3TOKYO DRIFT」に出演。流暢な英語を披露した。どうやら独学で習得したよう。ディズニー映画で勉強したそうで彼女いわく『プーさんがいれば英語なんて怖くない!』だそう。

・北乃きい (きたの きい 女優)

女優業の傍ら、二ヶ月間の留学経験あり。英語だけでなく中国語も日常会話程度ならできるよう。

・木南晴夏 (きなみ はるか 女優)

21世紀のリカちゃんは誰だというオーディションでグランプリを獲得。國學院大學卒で英語を習得した。本人曰く『日常会話程度』とのことだが、ドラマなどで流暢な英語を披露している。ドラマで韓国人役を演じ、その際の素晴らしい韓国語も話題になった。夫は玉木宏。

・木村佳乃(きむら よしの 女優)

13歳のときにアメリカで2ヶ月間現地のキャンプに参加し英語に親しんだ。英検準1級も持っており、しばしば英語が話せる芸能人としてテレビに紹介される。最近はバラエティでも裏表のない明るいキャラクターで人気である。夫は東山紀之。

 

『く』

 

・工藤夕貴 (くどう ゆき 女優)

本人曰く、「一番お金をかけずにやったのではないか。」というように独学で英語をマスター。その勉強法の本を出すほどである。英語をマスターしハリウッドに自分を売り込むなどの行動力が英語を学ぶ原動力になっているように思う。現在は富士宮市に拠点を移し、カフェを営みながら女優業を続けている。

・忽那汐里(くつな しおり 女優)

日系オーストラリア人3世でシドニー育ちのため日本語も英語も堪能。映画やバラエティでも流暢な英語を聞くことができる。国籍は日本を取得している。日本に来た際は日本語のイントネーションが違ったらしく撮影の際は苦労したそうだ。

・窪塚洋介 (くぼつか ようすけ 俳優)

現在英会話を勉強中で、ネットの英会話スクールにも通っているらしい。その甲斐あってか映画『沈黙-サイレンス-』ハリウッドデビュー。

・KUMI(くみ 歌手)

LOVE PSYCHEDELICOのボーカル。2歳から7歳までアメリカのサンフランシスコで過ごしたためバイリンガルである。青山学院大学在学中にLOVE PSYCHEDELIC ORCHESTRAを結成。後、LOVE PSYCHEDELICO名義でメジャーデビュー。

・Crystal Kay (くりすたる けい 歌手)

アメリカ人の父と韓国人の母を持つ。小学校からアメリカンスクールに通っていたのでバイリンガルである。上智大学国際教養学部卒業。

 

『け』

 

『こ』

 

・郷ひろみ (ごう ひろみ 歌手)

アメリカで3年ほど暮らしていたこともあり日常会話レベルで英会話ができるそうだ。

・小島よしお (こじま よしお 芸人)

子供に大人気の早稲田卒の芸人。以前番組で外人に道案内をしていたが英語はある程度話せるようだ。2020年東京五輪のためにネイティブと道経して英会話を猛勉強中。儚い芸とは違い先を見据えてしっかりと努力されている。

 

さ行の有名人・芸能人

『さ』

 

・斎藤工 (さいとう たくみ 俳優)

高校時代から一人で海外旅行をするほどの行動力で英語も日常会話レベルなら可能とのこと。セクシー。

 

 

『し』

 

・JUJU (じゅじゅ 歌手)

日本人の父と日本人の母を持つ純粋な日本人。知らなかった。18歳のときに単身渡米し、音楽を学ぶ。その経験から英語が流暢に話せる。酒豪。

・SHELLY (しぇりー タレント)

日本人とイタリア系アメリカ人のハーフ。6歳から日本で暮らすが、父との会話はすべて英語で行われていた。そのため完全なバイリンガルで、NHKの番組などでその流暢な英語を聞いた方も多いだろう。

 

『す』

 

・鈴木ちなみ (すずき ちなみ 女優)

本人曰く『日常会話くらいの英語はしゃべれるので勉強したい』12歳の頃から本格的に英会話を習っており、SNSでも英語の話題が多い根っからの英語好きのよう。

・鈴木亮平 (すずき りょうへい 俳優)

東京外国語大学外国語学部欧米第一課程英語専攻を卒業し、実用英語技能検定1級所有をするほど英語に親しんでいる。アメリカへの留学したこともあり、高校生時代には、全国高校生ドイツ語スピーチコンテストで優勝していると語学に堪能な様子。記者会見などでも不自由なく受け答えしている。

 

『せ』

 

・関根麻里 (せきね まり タレント)

英語のできるタレントとして有名。正解ふしぎ発見のミステリーハンターになりたいという夢のために、両親を説得しインターナショナルスクールに入学し英語を学ぶ。卒業後、アメリカの大学に通い主席で卒業。飛び級ってこと。超エリート。教養やテレビの受け答えの旨さも自頭の良さが出ています。

 

『そ』

 

 

た行の有名人・芸能人

『た』

 

・高橋メアリージュン (たかはし めありー じゅん モデル)

日本人の父とフィリピン人の母を持つハーフ。小学校の頃までは全く英語を喋れなかったが14歳の頃におばが住むラスベガスに語学留学をしており、友人たちとの経験の中で徐々に英語を覚えていったそう。

・滝川クリステル (たきがわ くりすてる アナウンサー)

父がフランス人、母が日本人のハーフ。フランス生まれだが3歳のときに来日。父親とはフランス語、母親とは日本語、独学で英語を覚える。アナウンサーを目指したきっかけは、日韓ワールドカップでフランス人のフィリップ・トルシエが監督をしていたことがきっかけ。母国語でインタービューできるというメリットを考慮したため。トルシエいわく『滝川クリステルと結婚したかった…。』

・武井壮 (たけい そう タレント)

アメリカにゴルフ特待生として4年間の留学経験を持つ。勉強熱心な武井さんは今でもペラペラのようだ。

・谷まりあ (たに まりあ モデル)

現役早稲田大学生のタレント。パキスタン人の父と日本人の母のハーフ。以前放送されていた英語でしゃべらナイトで英語キッズとして出演していたことからバイリンガルであると思われる。テレビのロケなどでも流暢な英語を披露しているようだ。

・玉城ティナ (たましろ てぃな モデル)

アメリカ人の父と日本人の母を持つハーフ。英語に触れる環境で育ったため日常会話レベルは話せるということだが、得意ではなかったようだ。シドニーへ語学留学し今でも積極的に勉強しているとのこと。

・壇蜜(だん みつ タレント・グラビア)

アメリカのボストンに半年ほど留学していた経験もあり、英語が話せる。英語の教員免許も取得。その仕事内容からは想像できないがかなりの才女である。

 

『ち』

 

・知花くらら (ちばな くらら モデル・タレント)

上智大学文学部教育学科卒業。在学中からフランスやスペインに留学するなどして、英語、フランス語、スペイン語などが話せるマルチリンガル。ミス・ユニバース世界大会で総合2位になるなど才色兼備である。

 

『つ』

 

『て』

 

・ディーンフジオカ (でぃーん ふじおか 俳優)

千葉県立船橋高等学校を卒業と渡米しITを学ぶ。その後世界中を旅して回った経験から英語はペラペラ。ちなみにディーンはホームステイ先のお父さんから呼ばれたニックネームから。日本語、中国語、英語、広東語、インドネシア語が喋れるマルチリンガル。

 

『と』

 

・豊田エリー (とよた えりー モデル・女優)

イギリス人の父と日本人の母を持つハーフ。英語話せるが本人曰く『ネイティブほどの英語力はない』と気にしているよう。夫は柳楽優弥。子供と父の住むイギリスに旅行し英語力を日々アップさせている。

・トリンドル玲奈 (とりんどる れな もでる・女優)

オーストリア人の父と日本人の母を持つ。オーストリアのウィーン生まれ。ドイツ語、日本語が堪能で英語も日常会話レベルなら話せるらしい。慶應義塾大学環境情報学部を卒業と才色兼備。性格が悪いと妬まれることもあるが気にせず頑張ってほしい。

 

な行の有名人・芸能人

『な』

 

・中谷美紀 (なかたに みき 女優)

海外の映画の授賞式でフランス語や英語でスピーチするなど、語学に堪能。フランスが好きでアパートを借りて日本と行き来していたことがあるほどで、今でもフランスの友人とフランス語でやり取りするそう。海外旅行が好きで英語も同じく話せるようになったらしい。

・中条あやみ (なかじょう あやみ モデル)

イギリス人の父と日本人の母を持つハーフ。宇宙一かわいい(筆者談)英語を話せない疑惑があったが、テレビのロケにて家族と流暢な英語で話しているので真実ではなかった。英語だけでなくフランス語も日常会話程度なら可能ということである。

・中村雅俊 (なかむら まさとし 俳優)

外交官になるために慶應義塾大学経済学部に入学し慶應義塾大学英語會(KESS Keio English Speaking Society)に所属していた。学生の頃から英語が得意だったようで俳優になったあとはその英会話力を活かしハリウッドにも進出。

・なかむらきんに君 (なかむらきんにくん 芸人)

アメリカに4年半筋肉留学していたので喋れるはず。今も喋れるかわわからない。

 

『に』

 

・錦織圭 (にしこり けい  プロテニスプレイヤー)

14歳の頃からアメリカのテニススクールに通う。常に海外が主戦場のため英語もテニスも超一流。四大大会優勝目指して頑張ってほしい。

・西田ひかる (にしだ ひかる タレント・歌手)

元祖バイリンガルアイドル。13歳までアメリカで過ごし、上智大学比較文化学部を卒業している。現在もハウス食品のCMおなじみである。

 

『ぬ』

 

『ね』

 

『の』

 

・野村佑香(のむら ゆか 女優・モデル・タレント)

成城大学文芸学部ヨーロッパ文化学科卒業でNHKで英会話の番組に出演していたように英語が話せる。ただし、当時は発音はネイティブというわけではなく賛否があったようである。しかし、独学で会話ができるほど努力しているのだから素晴らしい。現在は趣味のDIYが話題のようである。

 

は行の有名人・芸能人

『は』

 

・長谷川潤 (はせがわ じゅん モデル)

アメリカ人の父と日本人の母を持つハーフモデル。14歳でスカウトを受けるまでハワイで暮らす。もちろん英語はネイティブ。現在は2児の母親。

・はな(はな モデル)

父方に中国系の祖父を持つモデル。小さい頃からインターナショナルスクールに通い上智大学比較文化学部比較文化学科美術史専攻を卒業しているため英語に堪能。他にフランス語もある程度話せるようである。

・浜崎あゆみ (はまさき あゆみ 歌手)

元彼や元夫が海外の方で、英語は堪能のよう。YOUTUBEなどでも英語を話しているのが見られるし、海外の方には概ね好評のよう。いろいろSNSが話題になる彼女だが影では努力しているのだろう。

・早見優 (はやみ ゆう タレント)

実父は、ジャズシンガーの井上 良で3歳からグアムで。7歳から14歳までハワイで過ごす。アイドルとして15歳で日本に来日し、『ハワイから来たバイリンガール』としてデビュー。徹子の部屋で家では娘とも英語で会話すると話していた。

 

『ひ』

 

・肘井美佳(ひじい みか 女優)

英語が堪能で 2005年にハリウッド映画『Ninja』に出演した。2013年7月 - 2014年1月の約半年間、ニューヨークに留学し英語を学んでいる。NHKの英語の教育番組に度々出演しており、英語でのインタビュアーとして活躍。TOEIC最高点は770点。

・秀島史香(ひでしま ふみか DJ・ナレーター)

高校卒業までアメリカで過ごす。慶應義塾大学法学部卒業と才女。英語だけでなくスペイン語も堪能。取得資格が豊富(実用英語技能検定1級、旅行業英語検定A級、BETAⅡ(ビジネス英語検定) グレードA、翻訳基礎能力検定合格、TOEIC 940点、TOEFL 630点)

・一青窈(ひとと よう 歌手)

父は台湾人、母は日本人。北京語、日本語、英語が喋れるトリリンガル。慶應義塾大学環境情報学部卒。北京語、日本語はネイティブだが英語は日常会話ができる程度だそう。

・広瀬香美(ひろせ こうみ 歌手)

高校卒業後、音楽大学に在学中にロサンゼルスに留学。日本に戻っても度々米国に渡っては英語のレッスンを受ける。本人曰く、『英語は後天的に身に着けた技術、使っていないと錆びてしまう。』夫はアメリカ人のサラリーマン。

 

『ふ』

 

・福士蒼汰 (ふくし そうた 俳優)

高校の際に英語の勉強が好きで英検2級を取るに至る。その後も独学で勉強を続け、簡単なインタビューなど英語で受け答えができるほどに。ネイティブの方にも「努力しているのがわかる」と高評価な模様。

・藤井リナ (ふじい りな モデル)

父親がアメリカ人と日本人のハーフ、母親が日本人のクォーター。高校在学時に英語の習得を目的としてスイスへ留学しており現在も英語を話せる。現在はメディアで見かけないが社長業やプロデュース業が忙しいらしい。

・藤田朋子 (ふじた ともこ 女優)

幼少の頃から英語が好きで、ゴダイゴの曲を訳したり、英語塾に通ったりした。ビートルズの曲を丸暗記することでスピーキング力を鍛えた。英語劇に出演するほど英語が堪能だが、本人は『だいたい分かる程度』と話している。

・藤原紀香(ふじわら のりか 女優)

過去に英会話のアルクのCMキャラクターだったこともあり、ジャニカさんというトレーナーを迎え今でも英語を学んでいるそう。英検2級を持つ。ドラマや国連のスピーチなどで流暢な英語を聞くことができる。

・プリンセス天功 (ぷりんせす てんこう イリュージョニスト)

子供の頃に難病を患い、アメリカのこども病院で育ったことから英語はネイティブレベルである。引田天功は喋らない設定なので披露する機会はない。なのでテレビに出演する際はプリンセス天功というアメリカ人としてである。

 

『へ』

 

・ベッキー (べっきー タレント)

イギリス人の父と日本人の母を持つハーフ。ネットでは英語があまり話せいないという噂があるものの、動画などを見る限り日常会話などは問題なさそう。センテンススプリング事件から何かと風当たりが強いが頑張ってほしい。なお妹はアメリカでダンサーとして活躍しているのでペラペラな模様。

・別所哲也 (べっしょ てつや 俳優)

子供の頃から英語を勉強するのが好きだったそうで、大学でも英語劇のサークルに所属している。ハリウッド映画のオーディションに合格した際に一年ほどアメリカで生活。その際に出会った奥さんが日系アメリカ人で家庭内での会話はほぼ英語だそう。娘さんも完全なバイリンガル。ラジオ番組で海外の人が来ても通訳なしに会話できるほど流暢な英語が喋れる。

 

『ほ』

 

・ホラン千秋(ほらん ちあき タレント・女優)

アイルランド人の父親、日本人の母親をもつ。偏差値67の難関校「東京都国際高校」で学ぶ。都内で唯一国際科があり英語だけで話す授業もあったようだ。青山学院大学文学部英米文学科を卒業し、アナウンサーを志すも全敗。しかし、現在では努力の結果、毎日夕方のニュース番組でおなじみとなっている。

・堀口ミイナ(ほりぐち みいな タレント)

日本語、英語、トルコ語、スペイン語、中国語を話す。父親が日本人で母親がトルコ人。早稲田大学政治経済学部国際政治経済学科を卒業し、三菱商事に勤務。モデルとして活動後、NHKの番組などで活躍したマルチリンガルなタレント。

 

ま行の有名人・芸能人

『ま』

 

・マギー (まぎー モデル)

カナダ人と日本人のハーフ。両親の離婚後5歳までカナダのハリファクスで過ごす。その後は日本で暮らしているが英語はネイティブレベルでバラエティなどでもその流暢な英語を聞くことができる。

 

・松田聖子(まつだ せいこ 歌手)

海外でのプロモーション活動のために積極的に英語を勉強しており、CNNのインタビューなどでも流暢な英語で受け答えをしている。ハリウッド映画やアメリカのドラマにも何度か出演経験がある。

・マリエ (まりえ モデル・デザイナー)

元祖セレドル(セレブアイドル)カナダ人の父と日本人の母を持つハーフ。高校時代には単身で語学留学をしており意外と努力家。タレント時は鼻につく言動でお茶の間を賑わせたが、現在はデザイナーとして自身のブランドを手がけている。久々に見た彼女は憑き物が落ちたようにキレイでした。

 

『み』

 

・三上博史 (みかみ ひろし 俳優)

生まれや育ちに英語と関係のあることがないので独学で英語を学ばれたようだ。テレビの番組でイギリスの俳優と通訳なしで会話していた

・水嶋ヒロ (みずしま ひろ 俳優・作家)

外交官の父の影響で小学校までスイスで過ごす。慶應義塾大学環境情報学部を卒業しており後に作家としてもデビューするなどマルチな才能を発揮している。現在はいくつかの経営に携わっているようで、芸能関係の仕事はあまりやっていないようだ。英語はもちろんネイティブレベル。

・水原希子(みずはら きこ モデル・女優)

アメリカ人の父と韓国人の母を持つ。神戸で育ったために日本語と韓国語と英語が堪能。その出生と発言によりなにかと炎上している。

・道端ジェシカ (みちばた じぇしか モデル)

スペイン系アルゼンチン人とイタリア人のハーフの父とで、日本人の母を持つ。福井で生まれ育ったために、幼い頃から英語が得意というわけではなく(長女のアンジェリカは話せないらしい)16歳のときに独学で勉強したようだ。後の自著で英語の勉強方法などを書いている。英語だけでなく宇宙語(ぴこぴこ通信)が使えるらしい。

・光浦靖子 (みつうら やすこ お笑い芸人)

東京外語大学インドネシア語学科を専攻しており、英語とインドネシア語が堪能。めちゃイケのテストでは常に上位だった才女である。

 

『む』

 

・向井理 (むかい おさむ 俳優)

母親が元英語教師の関係か英語が好きで独学で勉強したようだ。映画の記者会見で流暢な英語で受け答えしている場面がある。

 

『め』

 

・May J (めい じぇい 歌手)

穴と雪の女王のカバーで一躍、時の人となった。日本人の父とロシアにルーツを持つイラン人の母を持つ。日本語、英語、スペイン語、ペルシャ語とマルチリンガルである。

 

『も』

 

・森泉 (もり いずみ モデル)

日本人の父とアメリカ人の母を持つハーフ。正真正銘のお嬢様で政界、財界の子息子女が通うボーディングスクールに通っていた。そのため英語やフランス語が堪能。テレビでは自由奔放なキャラだが、実際は敬語も話せる礼儀正しい女性だとか。

・森星 (もり ひかり モデル)

同上。学歴は松濤幼稚園、慶應義塾幼稚舎、慶應義塾中等部、慶應義塾女子高等学校とちょっと何言ってるかわからない。

・森理世 (もり りよ ダンサー・モデル)

幼い頃からダンスを学び、高校でカナダに留学。バレエスクールにおいても教員の資格を取る。その後、2007年のミス・ユニバース優勝。英語とスペイン語が堪能。

・森山未來 (もりやま みらい 俳優)

若い頃からその才能を評価されて数々の賞を受賞している天才。2013年の映画『人類資金』という映画ではクライマックスで8分間にも渡る英語スピーチを披露している。もちろんノーカット。文化交流使として一年間イスラエルでダンスの指導をしていたとのことで英語は話せるようだ。

諸星和己 (もろぼし かつみ タレント)

もと光GENJIのトップアイドル。15年以上アメリカで過ごしているようで英語は問題なく喋れるようだ。

 

や行の有名人・芸能人

『や』

 

・八神純子(旧姓・やがみ 現・スタンレー シンガーソングライター)

日本の歌手。高校2年のときに出場した世界歌謡際で外国人アーティストから誘われ、高校3年生の時に参加したチリの音楽祭で6位に入所した。日本で歌手として活躍後、アメリカにホームステイしたり、イギリス人の音楽プロデューサーと結婚したりとその英語力はネイティブレベルである。

・山本耕史 (やまもと こうじ 俳優)

妻は堀北真希。0歳からモデルを始めている。舞台をきっかけに、芸人のパックンに英語を習い、NYに語学留学している。鬼の副長の役柄そのままに努力家のようだ。

 

『ゆ』

 

『よ』

 

・米倉涼子 (よねくら りょうこ 女優)

高校卒業後、英語の専門学校に通う。女優としてデビュー後、海外挑戦を考え、先生をつけて英会話を学んだ。その間も何度も渡米して現地での英語力を鍛えたようだ。そのど欲が実を結び、日本人で「45年ぶりのブロードウェイ舞台」「外国人役、しかも主演を演じる」という快挙を成し遂げた。

・吉田ちか (よしだ ちか YOUTUBER)

小学校1年生からアメリカで生活。ワシントン大学ビジネススクールを卒業後に帰国。外資系の経営コンサルティング会社に就職。その経験とネイティブレベルの英語を武器にYOUTUBERとして大活躍。書籍も刊行している。

 

ら行の有名人・芸能人

『ら』

 

・ラフルアー宮澤エマ(らふるあー みやざわ えま 女優・タレント)

故宮沢喜一元首相のお孫さん。アメリカ人の父と日本人の母をもつ。幼い頃から英語と日本語で話すバイリンガル。聖心インターナショナルスクール→オクシデンタル大学宗教学専攻。三年の際は名門のケンブリッジ大学にも留学している。現在は舞台やバラエティでマルチに活躍中。

 

『り』

 

・LiLiCo(りりこ タレント、映画コメンテーター)

スウェーデン人の父と、日本人の母の間に生まれる。18歳までスウェーデンで過ごし、日本語、スウェーデン語、英語のほか、ドイツ語、スペイン語も話せる。夫は仮面ライダーゾルゲ役の小田井涼平。

『る』

 

『れ』

 

『ろ』

 

・ロ-ラ(ろーら タレント)

バングラデシュ人の父親と日本人とロシア人のハーフを母に持つクォーター。幼い頃は日本語と英語とベンガル語を話せた。ベンガル語は日本の暮らしが長いので忘れてしまい、英語も単語程度だった。2015年からアメリカ人のマネージャーを採用するなど猛勉強し、今ではハリウッド映画に出演するほどに。1日に3~4時間勉強するという努力家。

 

わ行の有名人・芸能人

『わ』

 

・渡辺謙 (わたなべ けん 俳優)

ハリウッド挑戦に向けて奈良橋陽子さんを先生に迎え5ヶ月で英語をマスターした。今では通訳なしでもインタビューに受け答えできるほど。娘も後天的に覚えているので家族揃って努力家だ。

・渡辺直美(わたなべ なおみ お笑い芸人)

日本人の父と台湾人のハーフの母の間に生まれたクォーター。インスタ女王。2014年からアメリカに留学しており、日常会話に支障がないレベルまで成長した。ただ、日本に戻ってからは英語力が劣化しているという噂もある。

 

日本で活躍する英語が話せる芸能人・有名人まとめて思うこと

 

kanaさん
独学で覚えたっていう、努力家の芸能人多いね! 石原さとみさんとか福士蒼汰さんとか

確かにハーフだから喋れるっていうわけでもなく、教材や留学で、地道に英語をマスターした方がたくさんいる…。
こばやん
kanaさん
芸能人という忙しい仕事の合間でも、勉強を怠らず英語を学習されているのはすごいわ。

 

そう、もともと海外にいたからという理由ではなく、芸能界に入ってから英語を身に付けた方も多いのです。

特に石原さとみさんなどはトップ女優として忙しい生活を送りながら、勉強時間を確保しているのは、素晴らしいの一言ですね。

 

kanaさん
タレントの子供だからすごいわけじゃなくて、普通に頑張ってる人ばっかりねw見習わなくちゃ!

そうだね、環境がいいってのはあるけど、それでもサボったら終わりだしね。
こばやん
kanaさん
うんうん、とりあえず文字多くて疲れたんで、私はこれから嵐のDVD観るね。
そういうとこだねkanaちゃん。普通はこれから勉強を…
こばやん

 

以上、今回は「【2019年決定版】日本で活躍する英語が話せる芸能人・有名人まとめ」という内容でお届けしました。

もしあなたが忙しい毎日の中で効率的に英語を学びたいと思ったら、下記の記事もご参考ください。

 

TOEIC300点台→800点台を可能にした「ポモドーロテクニック」

  「集中力に自信がない…」「大事な作業も、つい後回しになってしまう…」そんなお悩みをお持ちの方は多いと思います。 集中力アップ、時間の有効活用に関して非常に有効なのが「ポモドーロ・テクニッ ...

続きを見る

英語の成績が「2」だった僕が、日常会話をマスターするまでにやったこと

  今回、このブログ記事は、たった一人のために書いています。 その人は海外旅行をきっかけに英語が好きになり、もっと楽しく英会話したいようです。でも、いかんせん始めたばかりでTOEICは過去1 ...

続きを見る

 

『英会話(TOEIC対策やビジネス用)を学びたい』『会話力をブラッシュアップさせたい』という方は、自分に合った教材を使うことが大事ですよね。

 

無料教材ランキング圧倒的1位! おうちホームステイが人気です。

 

おうちホームステイの料金は?ちゃんと無料で使える?

  1日たった30分、無料で英語がペラペラになると話題の英会話教材「おうちホームステイ」。 無料ニュースアプリの「グノシー」「スマートニュース」など多くのアプリやサイト上で、体験談を見たとい ...

続きを見る

 

kanaさん
私も石原さとみちゃんみたいに、仕事も勉強もデキる女をめざそっと!!

憧れの芸能人を目標にして、英語が話せるようになった自分のイメージを膨らませることも大事だよね。まずは行動してみよう♪
こばやん

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で英語のさぷりをフォローしよう!

-芸能
-, , , , ,

Copyright© 英語のさぷり , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.