一般ニュース・コラム

チュートリアル 徳井義実の所得隠しを擁護するバカ

投稿日:

 

■10月25日追記

徳井義実の会社(実態のないペーパーカンパニー)が、9年間一度も期限内に税務申告をしていないことが明らかになりました。

 

徳井さん会社 一度も期限内に税務申告せず
https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20191024-00000377-nnn-soci

 

徳井義実の所得隠しについて「彼は誰に迷惑をかけたの?」と擁護する人がたくさんいます。

彼の魅力はわかりますし、ファンが多いのもうなづけますが、納税するべきものをしなかった人間について、擁護するのはいかがなものでしょうか。

 

 

 

私は自営業者として、彼の行動のすべてを「完全に批判」したいと思う人間の一人です。言葉を選ばずいえば「彼も彼の周りで擁護している人間もみんなバカ」。

まともな人間なら同じ感覚でいると思います。

 

※徳井義実のツイッターアカウント

報道を受けて停止中です。

 

 

この投稿に対して、「脱税王」「お疲れ様でした」など批判的な声が多い反面、擁護するリプライも目立ちます。

「青汁王子」「脱税王子」で有名になった三崎優太(@misakisms3)のように逮捕されないのはなぜだ!?という意見もありますね。

 

今回は【チュートリアル 徳井義実の所得隠しを擁護するバカ】という内容で、なぜ彼を擁護するのが「バカ」なのか説明すると同時に、「申告漏れ」「所得隠し」「脱税」の違いについて説明したいと思います。

 

kanaさん
Abema TVではまだ徳井さんの番組を放送してるわね。

まあ、吉本興業はそういう会社なんだね。この姿勢に対しても批判が多いけど、これからどうなるのかな。
こばやん

 

■徳井義実は東京国税局から約1億を申告漏れと指摘された

 

お笑いコンビ「チュートリアル」の徳井義実さんが設立した会社(実態がない節税のための会社)が、3年間にわたって無申告でした。

そのため東京国税局から約1億を申告漏れと指摘されました。

旅行代や洋服代など私的な支出を経費として計上したとして、2000万円の「所得隠し」も認定されています。

徳井はこの会社で、所属事務所からテレビの出演料などを受け取っており、現在は修正申告と納税を済ませています。

 

kanaさん
「所得隠し」と「申告漏れ」ってどう違うの?
それについては次の項目で詳しく説明します。
こばやん

 

■「申告漏れ」「所得隠し」「脱税」の違いって?

 

「申告漏れ」「所得隠し」「脱税」の違いは、実は明確には存在していません。

あくまで一般的には、「申告漏れ」は、「計算の誤りなど意図的な税金逃れではないもの」を指すとされています。

申告漏れを指摘された場合、納付すべき税額に10%の過少申告加算税が課されます。

しかし仮装・隠蔽を図ったと判断された場合は、過少申告加算税に代えて35%の重加算税が課されます。

この「重加算税」が課されると、「所得隠し」となります。

kanaさん
35%!?えぐい罰金みたいなものね…ちゃんと納税するほうがよっぽどいいじゃない。
普通の人はそれが理解できるからちゃんと納税するんだよ。
こばやん

 

今回の徳井のケースは「所得隠し」、これに該当します。

また、「脱税」はより犯罪性が高くなり、所得隠しか脱税かは、個々の事案によって判断されるので、これもまた明確なルールはありません。ケースバイケースということですね。

  • 申告漏れ→計算ミス、帳簿への記載ミスなど、意図的な税金逃れではないもの
  • 所得隠し→仮装・隠ぺいを図ったと判断されたもの
  • 脱税→所得隠しよりも犯罪性が高いもの

これらの区分けはケースバイケースですが、概ねこのような認識で正しいでしょう。

 

■徳井は申告漏れで逮捕されるのか?

 

結論からいえば、国税局に脱税を告発されたわけではないケースですから、逮捕はされません。

しかし3年間の無申告、また所得隠しがあった社会的責任は重いとされています。

 

■徳井義実の所得隠しを擁護するバカはなぜ湧くのか?

 

脱税は重罪ですが、誰かがそれを犯したからと言って、直接的に誰かが、目に見える被害を被るわけではありません

徳井が脱税していたから、今月は誰かの給料が1万円減った、なんてことはありませんよね。

だからこそSNS上では、「彼は誰に迷惑をかけたんだ? 叩くのはかわいそうだ」という意見が多く出てくるのです。

 

kanaさん
なるほど、でも結局税収が減れば、そのツケは私達国民に来るわよね。
ザッツライト。
こばやん

 

この事件を報道するマスメディアも、徳井を擁護したい人から「マスゴミ」「お前らはクズだ」などと、ひどい言葉で批判されていますね。

しかし上記の通りこの件は、徳井を擁護はできません。彼が説明する申告漏れの理由については、税理士から年ごとの申告を促されても先延ばしにしてきた「自身のだらしなさ」を強調するだけ。納税に対する意識が低かったというだけの理由です。

「ごまかしていたのでは」との指摘には「そう思われても仕方がない」としただけで、平謝りに終始しました。

これでは擁護のしようがないのは、真面目に納税している人ならば十分に理解できるはずですよね?

 

■強制性交罪の公判があった新井浩文被告と徳井の会社は同じ

 

徳井は、吉本から支払われるテレビ出演料などを「チューリップ」を通じて受け取っています。

12~15年の4年間で、個人的な旅行代や洋服代など約2000万円を同事務所の経費として計上し、これが仮装・隠蔽を伴う所得隠しと認定されました。

登記簿によると、チューリップは2009年4月に設立。資本金は300万円で徳井自身が代表取締役を務めています。

本店所在地は15年に同じ世田谷区内で移転していて、なんと強制性交罪の公判があった新井浩文被告と同じマンションという報道がありました。

 

チュート徳井の申告漏れ騒動 嫉妬した芸人仲間による密告説/東スポWEB

参考:https://www.tokyo-sports.co.jp/

 

 

kanaさん
え、何それいわくつきマンションこわっ。
まあ、マンションに罪はないよw
こばやん

 

徳井の会社の事業内容は「テレビ・ラジオ、舞台等の出演」「マネジメント業務」に加えて「飲食店の経営及びコンサルタント業」「フランチャイズチェーン店の加盟店に対する市場調査。経営計画」など、芸人活動以外の分野にも及んでいたそう。

これは明らかに「経費にできるものを増やしたいための施策」であることは、自営業者ならば誰でもわかる簡単な理屈です。

 

■まとめ

 

徳井が東京国税局の税務調査で指摘された項目は2点あります。

  1.  2012年から2015年までの4年間、私的な交遊費を法人の経費にしていた
  2.  2016年から2018年までの3年間、所属事務所からの収入を無申告

1点目の指摘については、例えば会社の社長さんが、遊びで使った交遊費を会社の経費として計上するケースはよくあります。ゴルフ場に社用車で出かけたり、キャバクラで会社以外の相手と遊んだりなどですね。

会社の売上に貢献する接待交際費は問題ありませんが、会社とは無関係の交遊費を経費にしても、税務調査では「ダメ」といわれるものですよね。

また、2点目の収入の無申告はお話になりません

これは所属事務所からの収入金額を申告していなかったと推定されますが、これを擁護する人は生粋のバカ、常識知らずもいいところ。

今回指摘されたのは2016年から2018年までの3年間ですが、毎年申告していた収入が申告されなければ誰が見てもおかしい。

申告を隠す行為にしてはあまりにもテキトー。

徳井は「自分のだらしなさが原因」というばかりですが、7年分の申告内容を指摘されるのは不正行為で税金を逃れた何よりの証拠ではないでしょうか?

 

ここまで知ると、少しでも税務に詳しい人なら、誰でも気づく点があります。

2019年に国税局が調査した場合、原則として2014年以降の申告書に対する指摘ができます。

 

つまり、国税組織が税務調査により指摘できる期間は、申告期限から5年以内というルールがあるわけです。

 

kanaさん
うん、それで?
気づかないか?ワトスンくん。今回の指摘は5年以上前にさかのぼっている。つまり…?
こばやん
kanaさん
その5年間に税金逃れをしてて、悪質性が認められたから、調査期間が2年延長されたってことね!?
ザッツライト。2012年から2013年の申告に関しても何らかの悪質性があったのは明白なのさ。
こばやん

 

報道では、徳井が指摘を受けたのは2012年から2018年までの7年間。

つまり、2012年2013年の申告に関しても国税局は、徳井における何らかの悪意ある行動を指摘しています。

そして徳井はそれを正当性のある理由で説明できず「認識が甘かった」と頭を下げるばかり…。

 

もちろん納税に関わる確定申告や決算はとても煩雑で、申告ミスは誰にでも起こります。

それについては国税局もわかっていますし、税金逃れが目的ではない場合は、できるだけ重加算税を賦課しない方向で、その案件を終わらせようとします。

 

しかし徳井の件は完全にアウト。当然ながら税務調査には人件費がかかり、脱税を摘発するために血税を使っています。

 

誰も脱税をしなければ、税務調査は必要ありませんが、今回の徳井のようなケースがあるため、やらざるを得ません。

公務員の人件費の節約は、節税になりますので、正しく納税していない人を擁護する理屈は一切通らないのです。

 

以上、今回は【チュートリアル 徳井義実の所得隠しを擁護するバカ】という内容で記事をまとめました。

何かのご参考になれば幸いです。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で英語のさぷりをフォローしよう!

-一般ニュース・コラム
-, , , , , , , , , ,

Copyright© 英語のさぷり , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.