扁桃腺手術体験記

【扁桃腺手術体験記】費用や期間、必須アイテムまとめ vol.2

投稿日:

 

前回の記事では、私が扁桃腺の手術を受けるまでのことを書きました。今回は手術を決めて、準備から入院当日までの記録です。

もしあなたが「扁桃腺の手術を受けようか迷っている」「受けると決めたけれど、何を準備していいかわからない」と思っていたら、この記事をご参考ください。

 

※前回の記事はこちら→【扁桃腺手術体験記】費用や期間、必須アイテムまとめ vol.1

【扁桃腺手術体験記】費用や期間、必須アイテムまとめ vol.1

  季節の変わり目や、心身にストレスがかかっているとき、ふと気を抜くとすぐ扁桃腺が腫れて、水を飲むのも痛くなって、高熱が出る…。そんな扁桃腺に関する体調不良にお悩みの方はTwitterなどS ...

続きを見る

 

kanaさん
手術で仕事や学校を長期間休むのが困る、っていう人が多いみたいね。
僕も同じように困ってたからよくわかるよ、でも手術は人生に何度もあるものでもないし…
こばやん
kanaさん
メリットとデメリット考えたら、自然に答えが出るのかもね!

 

 

■手術前に購入したものリスト

 

2018年に初めて扁桃腺の腫れで入院した私が、入院後にまず思ったことは「病院には意外と何にもないんだな」ということ。

「入院に必要なものは、自分で準備しなければいけない」。

いま考えてみれば当たり前なのですが、病院はホテルでも民宿でもありません。

病院に設置してあるものは一切ないと思って、自分で必要なものを考え、準備しておくべきです。

 

kanaさん
そりゃそうやな。
入院してから「あれ、買っておけばよかった!」ってなるのが一番困る。
こばやん

 

ここで書くのは、1~2週間程度の手術等で入院をされる時にあった方がいいと思うものです。

 

入院時必須アイテム

 

・洗面用具

 

歯ブラシ、歯磨き用コップ(落としても割れないようにプラスチック製)

 

・風呂用具

 

スポンジ、シャンプー・ボディーソープ。特にシャンプー類は病院のシャワー室に準備していないことが多いです。

 

・タオル

 

大きいの2枚、小さいのは入院日数×1枚くらい。

私の場合は発熱が続いたので、主に氷枕を敷くのに使っていました。

 

・下着類

 

最低5組は常備しておきましょう。寝込んでいるとあまり着替えませんが、やはり発熱時に汗かくと、着替えないとまずいです。余計な風邪を引かないように。

病院内も洗濯機があります。またご家族の方が持ってきてくれる場合でも、汚れた場合に備えて用意しておくと安心です。

 

・ストロー

 

起き上がって飲み物を飲むのが辛いです。何本か用意しておくと便利。

 

・レジ袋・ビニール袋:

 

主に着替えを入れるのに使います。

※ゴミ箱は毎日病院が替えてくれます。

 

・箱ティッシュ、ウェットティッシュ

 

箱ティッシュやウェットティッシュは病室にはありません。

詳しくは後述しますが、扁桃腺の切除をした患者さんは相当使います。2~3箱あると安心。

 

kanaさん
柔らかいティッシュじゃないとダメな人ですわたし。
知らんがな…。でも病院だと頻繁に使うから、ちょっと高級なやつでもいいと思う!
こばやん

 

・サンダル

 

軽い、転びにくい、クロックスがオススメです。

 

 

先が空いたサンダルは、ベットの脚につま先が当たって超痛いことになります。

また、靴紐がある靴は面倒なのでやめたほうがいいですね。

 

・スマホ、タブレット類

 

連絡もそうですが、気晴らしに必須です。

充電器やケーブルを絶対に忘れないように。病院内やコンビニで買うと超高いです!

繋ぎっぱなしになるので、2m以上の長いのがオススメです。ベッドと電源プラグが近いとも限りませんし。

 


 

それと延長コードがあってもいいと思います。基本的に入院時は、1つのコンセントしかない部屋が多いようです。

 

 

・wi-fi

 

入院病棟に患者向けのwi-fiがあるところは少ないと思います。

厳密にはあるのですが、医師や看護師など、そこで働く人だけが使っています(無線LAN接続画面でたくさんwi-fiが飛び交っているのは確認できますw)

また、wi-fiがある場合も、個室の人だけが使えたり、レストランや待合室だけでしか使えなかったりという場合もあります。

(私は8人の大部屋でしたし、wi-fiがあったとしても使えませんでした。)

通信制限が気になる方はレンタルwi-fiを用意するのも手だと思います。

私は楽天モバイルを使っていて、月初に速攻で通信制限になりますが、動画を見る分にはまったく問題ないのでwi-fiは使いませんでした。

 

 

 

 

・イヤホン

 

病院でも数百円で売ってますが、壊れやすいですし片方の耳にしか入らないものだと思います。

私が超絶オススメしたいのは「ノイズキャンセリング」が付いているもの。要は、装着するとシーン…となって、自分だけの世界に入れるものです。

 

 

入院の大半を、これを装着して過ごしていました。

退院後もこちらをメインに仕事でも使ってます。音質がいいのはもちろん、一人の世界で集中して仕事ができる。

また、電車や飛行機でもヘビーに使えます。空調の音や人の話し声がほぼ完全に消されるので、もうこれがない生活が想像できないくらい。

マニアなオーディオ好きの方には低音が足りないように思えるかもしれませんが、私には十分すぎる音質です。

デメリットがあるとすれば、静かすぎて看護師さんに呼ばれても気づかないということ。それと、それなりにサイズがあるので、耳が痛くなります。細かいことをいえば、真夏に外で使うのは暑いので難しそうってくらい。

そのデメリットを解消した、サブで使っていたイヤフォンがこちら。

 

 

軽くて耳が痛くならない、ノイズキャンセリングは付いていないから、誰かに呼ばれてもすぐに気付きます。

この2つの併用はめちゃくちゃオススメ。どちらも充電するので、片方が充電が切れたら、もう片方にする、という使い方もできます。

 

・筆記用具

 

手術に関する同意書など、書類にいくつか書くことがあるので、ボールペン1本だけでも持っていると便利。

体調以外に変化のない毎日なので、私の場合はメリハリをつけるためにも、日記を書いていました。

 

・パジャマ

 

毎日ちゃんと着替えることで気分転換になります。

体温が上がるので前開きかつ袖口が広く、上下が分かれている涼しい素材がオススメ。

 

・マスク

 

病院に置いてある場合もあるかもしれませんが、私は箱で買っていきました。

病室はどうしても乾燥しやすいですし、他の患者さんからの病気をもらわないためでもあります。

 

その他、必要に応じて持っておきたいもの

 

病院内に「現金はほとんど持っていきませんでした。クレカ+1万円くらい。

クレジットカードを持って行ったのは、会計を退院後すぐに終わらせたかったので。

またテレビカードを買って、テレビを見たいという方は数千円くらい持って行っていいと思います(カードの度数が余ったら返却してもらえます)。

私はテレビは見ないので使いませんでした。

 

kanaさん
でたっ 謎のテレビ見ないアピール!!
youtubeで十分。時代はとっくにオンデマンド。
こばやん

 

後は耳栓も持っておきたいところ。

 

 

kanaさん
読書のときはこれがあると吉。
だね。
こばやん

 

扁桃腺の手術が終わると、その後はしばらく流動食になります。これも詳しく後述しますが、ほとんど味がないお粥が辛いという方は「ごはんですよ」などの柔らかい補助食品があるといいかもしれません。

私の場合はそれすら数日喉を通りませんでしたが…。

 

■まとめ

 

今回は入院前に準備したものリストについて、実体験を交えて書きました。

あなたが手術前に何を準備すればいいか迷っているとしたら、ぜひご参考になさってください。

 

【扁桃腺手術体験記】費用や期間、必須アイテムまとめ vol.3に続きます!

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で英語のさぷりをフォローしよう!

-扁桃腺手術体験記
-, , , , , ,

Copyright© 英語のさぷり , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.