リスニング

英語のリスニングで「絶対これ言ってないやん!」ってイライラする理由と解決法

投稿日:2019年1月11日 更新日:

 

英語のリスニングで苦戦している、「この単語は教科書の発音通りに絶対聞こえない!」とお嘆きの方も多いと思います。

 

例えば「have to~」。元の発音とは違う発声になるわよね?
kanaさん
こばやん
そうそう。「have to~」はリエゾンといって、繋がる言葉によって発音が変わるんだ。「ハブトゥ」とは言わずに「haf ta(ハフタ)」って感じにね。

 

今回は「英語のリスニングで「絶対これ言ってないやん!」って聴き取りでイライラする理由」について説明します。イライラを解消して、楽しく英会話をやってやりましょう!

また、英語を学んでいる方の中には、リスニングに自信が持てず、ネイティブの英語に触れたほうがいいだろうと、駅前留学などの英会話スクールに通っている方もいらっしゃるでしょう。

英会話スクールはうまく活用できれば、実践の場として使えますが、それだけではリスニング力は身につきません。

今回の記事が、あなたのリスニングを効率的に上達させるヒントになれば幸いです。

 

英語はネイティブから教わってはダメ その理由は? 誰から教わればいいの?

  「英語をペラペラ喋れるようになりたい!」 「海外を相手に、グローバルな場で通用する英語力を身につけたい!」   目指すレベルは人それぞれだと思いますが、このブログを読まれている ...

続きを見る

 

■「そもそもネイティブも発音通りに発音してない」ってマジ?

 

そもそもアメリカ人やイギリス人などネイティブの人でも、実際にはお互い聴き取れない音があります。

 

どういうこと?難しすぎない?
kanaさん
こばやん
まあまあ聞いてよ。慣れれば違和感なく話せるようになるし、聴き取れないフレーズって日常会話では実はそんなに多くないんだ。

 

ネイティブの人でもよく聞き間違える英語に「can」「can’t」があります。

「’t」という発音は、発声する人がわざと「トゥ!」と言わない限り、「トゥ」とはっきり聞こえることはありません。特に、文章がそこで終わらずに続く場合、まったく聴き取れないといってもいいでしょう。

 

リエゾンとは

フランス語で「連結」を意味する。 音声の連結現象を指してリエゾンと呼ぶ。

 

ってことは、「can」「can’t」という単語そのものを聞き比べても、音声的にはほとんど違いがないってこと?
kanaさん
こばやん
そうなんだよ。どうやって違いを判断するかというと、それは音ではなく「状況」だね。

 

■会話の状況で、隠れている英語を見つける

 

「私は〇〇をできる」と言っているのか「できない」と言っているのか、それらを判断するのは下記の要素です。

  • それまでの会話の流れ
  • 相手の表情
  • 相手のジェスチャー(明るい顔、暗い顔、首を振る、手を振るなど)

 

じゃあ、これらの状況を見てもハッキリしない場合は、ネイティブでも「”can” or “can’t”?」と質問するわけ?
kanaさん
こばやん
うん、よくある光景だよ。他にも「’ve」などもぶっちゃけまったく聴き取れないね。例えば「I seen him before.」と聞こえる場合、「I seen」は文法的にありえないので「I’ve seen」だなと推察するんだよ。

 

つまりネイティブも聴き取れない英語があり、言葉の仕組み、つまり文法を理解しているからこそ「’ve」があるのだなとわかるだけなのです。

「ve」という、実際は聴こえない音を、必死に聴きとろうとしても実はたいした意味はありません。

では、ネイティブの日常会話で多いリエゾンの言葉は外にどんなものがあるでしょうか。次にまとめてみました。

 

■日常会話で頻繁に出てくるリエゾンのフレーズまとめ

can I キャナイ
look out ルカウト
in a イ(エ)ナ
have a ハヴァ
what I ワライ
kind of カインダ
talk about トーカバウ
tell him テリム
make it up メイキラップ
give me ギミ
should have シュダ
would have ウダ
could have クダ
what do you ワダヤ
what are you ワラユ

 

これらを実際に口に出して言ってみましょう。なんだか急にネイティブっぽくなるフレーズもありませんか?

例えば「What are you doing here?」は「ワット・アー・ユー・ドゥーイング・ヒア?」のように区切って話すのが日本の義務教育です。つまり実践では使えない、テストの点を取るためだけのほぼ無意味な勉強です。

実践の英会話では「ワラユードゥーインヒア?」のように、それぞれを繋げて話します。What areの部分が「ワラ」のようになるのがわかるかと思います。

 

あるある~! トーカバウ!
kanaさん
こばやん
こういうのは義務教育6年間でマジで教えないからね。日本の英語のカリキュラムがいかに終わってるかがよくわかると思うよ。トークアバウトヒム、みたいな世界中どこでも使われてない英語の発音で授業を受けてた僕らは何だったのか…。

 

■英語の聴き取りのためには「音声を聞いてマネすること」

 

英語にはリエゾンがあり、それを踏まえて英会話でコミュニケーションを取るためには、「状況」が理解できなければならないということをここまで書きました。

英語を聴きとれるようにするためには、実は「音声を聞いてマネすること」が効果的です。リエゾンとなるフレーズも、その言葉の連結全体をブロックとして覚え、マネしてしまいましょう。

そうすると何が起こるかといえば、フレーズの特徴をつかむことができます。「talk about him」を「トークアバウトヒム」と発声するしかない人と「トーカバウヒム」とリエゾンのフレーズを発声できる人では、聴き取る際に大きな差が出るのです。

 

聞いてマネをするトレーニング法として有名なのが、「リピーティング」「シャドーイング」です。

 

「あ、英語話せるようになってきた」とイヤでも実感できるシャドーイングのコツ

  「英会話のシャドーイングのコツ」を知りたい、効果的な英会話の勉強がしたい、とお悩みの方も多いと思います。 あなたは「英語耳」という言葉をご存知でしょうか? 簡単に説明すると、「L」と「R ...

続きを見る

 

■「こんな発音聴き取れないよ~」となる4つの大きな理由を知ろう

そもそも使われている単語や表現を知らない

 

「聴き取れない」という前に、そもそも使われている単語や表現を知らなければ理解はできません。

「単語や表現を覚えていない」のであれば、覚えてない単語や表現の意味を知り、覚えることが何よりも先決です。

 

すごく大事なことを言ってるようだけど、別に当たり前のことじゃない?
kanaさん
こばやん
そやな。

 

この際、意味を日本語で丸暗記していたら、義務教育の英語の授業でよく強制的にやらされた、ムダな勉強のやり直しになってしまいます。

単語はできるだけイメージを結びつけて、パっと反射的に意味を思い浮かべられるようにするのが重要です。その際には正しい発音も一緒に覚えましょう。間違っても単語帳など使わないこと。

 

単語帳? 投げ捨てたわ。
kanaさん
こばやん
あれほど無意味な文房具もないね。

 

覚えたい英単語に、具体的なイメージを持つようにしましょう。和訳を言葉で覚えるのではなく、脳のイメージで覚えるということです。たとえばAppleならリンゴを想像しながらリンゴと発声すること。

たったこれだけでも記憶に残りやすくなります。

また、単語だけでなくフレーズ(文章)で覚えることも効率的です。例えば「She cut the apple with a knife.(彼女はナイフでリンゴを切った)」。

こんな情景をイメージしながら、単語を覚えていきましょう、

 

単語や表現の意味、発音を正確に学べるサイト

◆weblio

https://ejje.weblio.jp/

 

weblioの年間3000円のプレミアムサービス会員になっておくと、下記のように機能がいっきに増えます。

電子辞書を持ちあるのが面倒な人、PCを使って学習することが多い人はオススメです。

 

 

英語力は単語力、ボキャブラリーが決め手となることも多いものです。正しい発音で口に出しながら、意味をイメージしながら定着させていきましょう。

 

そもそも正しい発音を知らない

 

単語も表現も知っていたのに、覚えている発音が実践での正しい発音と違ったりすると、聴き取れません。それもやはり、聞こえてくる音と、自分の中にある音とがうまく結びつかないからです。

こういう場合は「実践的な発音を覚え直す」ことです。

音声を聴き、それを繰り返す「リピーティング」をしましょう。まるっきりモノマネをしようと思って聞くことで、その精度、集中力が上がります。また、強弱つまりアクセントやイントネーションの特徴がつかみやすくなります。

 

英語の音の特徴に慣れていない

 

英語を聴く際には、フレーズによって「ここが大事!」というポイントがあります。

  • アクセント
  • イントネーション
  • リズム

といったものです。特にイントネーションは重要で、同じ文章でも意図が変わることもあります。

 

どゆこと?
kanaさん
こばやん
例えば「Why didn’t you do it?(なぜそうしたの?)」というフレーズでは、ただ普通に理由を聞かれている場合もあれば、お前何してくれてんの!? って怒られてるイントネーション(相手の受け取り方)もあるんだ。

 

こんな感じに英語の微妙な違いに慣れるためには、英文を見ながら聞いて繰り返す「リピーティング」、英文を見ながら音声と重ねて話す「オーバーラッピング」、そして「シャドーイング」のトレーニングが大事です。

スピードについていけてない

 

会話のスピードが速いと、ひとつ前の文を理解しているうちに、話は次に進んでしまいます。速く話されるとまったく聴き取れないという場合は、頭の中で和訳をしてしまっていることが多いといえるでしょう。

丁寧に和訳するために理解に時間がかかり、スピードに追いつけなくなってしまいます。

そういう場合は、情報処理のスピードを上げなくてはいけません。

まずは意味をイメージしながら、速く音読するトレーニング。できるだけ早口で音読し、意味を意識しながら話せるようにトレーニングをします。

また、意味を意識しながらシャドーイングすることも大事です。最初は意味を意識せずにひたすら英文をマネして話すシャドーイング、そして慣れてきたら、意味を意識しながらシャドーイングします。

継続が大事なトレーニングですが、これを続けると速いスピードで情報が処理できる、という状態になっていきます。

シャドーイングは英語の代表的なトレーニングのひとつです。ツイッターなどを見ると、この方法で英会話を練習している人がたくさん見つかりますので、参考にしてみるのも手ですね。

以上、今回は今回は「英語のリスニングで「絶対これ言ってないやん!」って聴き取りでイライラする理由」について説明しました。音の繋がりができるリエゾンのフレーズを理解し、シャドーイングなどのトレーニングで英語をどんどん頭に取り入れていくこと。継続は力なり、頑張っていきましょう!

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で英語のさぷりをフォローしよう!

-リスニング
-, , , , , ,

Copyright© 英語のさぷり , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.