文章術

あなたの記事がお金にならない根本的な理由と3つのガイドライン

投稿日:2019年6月1日 更新日:

 

※6/3 大幅加筆しました!

 

あなたはもしかしてネットの有名人からこんな話をされましたか?

 

「私はブログで年収ウン千万です。あなたはまだ会社員で消耗してるの?」

 

それを聞いて、自分も自宅で稼ぎたいと思ってブログを始めたけど、なかなか結果が出ないもうやめてしまおうか、と思っていませんか?

 

 

確かにブログで稼ぐのは高いハードルがあります。

 

日記ではないので、書くこともちゃんと考えなければいけません。

 

しかし、実は価値あるコンテンツを作るためのガイドラインがわかれば、どんな人でも継続的にブログで稼ぐことは可能です。

 

いま、あなたにブログで成果が出ていないとしても、決して諦める必要はありません。

 

ブログでもホームページでもnoteでも、他人にとって価値のある記事を書けばアクセスも集まり、アフィリエイトやアドセンス、DRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)などいくらでもマネタイズは可能です。

 

「朝活」のデメリットを理解して、早起きなんてやめてしまおう。

  もしかしたらあなたは「朝活」をやってみたいけど自信がない、メリットを先に知っておきたい、と思っているかもしれませんね。 朝活という言葉が出てきてから10年以上たったように思えます。 そし ...

続きを見る

■ブログでマネタイズする、とは?

 

kanaさん
ところでマネタイズってなに?
実はその言葉もちゃんとわかってない人が、なんとなーくマネタイズマネタイズって言ってるのがいまのツイッターランドだね。
こばやん
kanaさん
いいから教えてよ~。なんとなーく「お金稼ぎ」ってことはわかるんだけど。
ここ10年くらいで出てきた言葉だよ。マネタイズとはネットの無料コンテンツを使って、利益を生み出すってことを意味する言葉だね。 
こばやん

 

 


kanaさん
人に何かを教えるときは具体例を出せってママンが言ってた。
いま流行のアドセンスなんてのがまさにそれだね。例えば芸能人のゴシップ記事を毎日更新してアクセスを集める。その媒体(ブログ・HPなど)にあるGoogleの広告をクリックしてくれた人がいればGoogleからお金が払われる。
こばやん
kanaさん
セールスしないで、広告をクリックしてもらうだけで稼げるのか~。だからブログ初心者がこぞってコレに参加するのね。なるほど。

 

近年のネットでは、良いコンテンツと悪いコンテンツの差がどんどん広がっています。特にそれは誰もが調べやすいキーワードほど顕著です。

 

「ストレッチ」や「ダイエット」など検索回数が多いキーワードで検索をすると、上位は企業もしくはそれに準ずるプロのクリエイターが作成したページばかり。上位ページにあるものを読めば、どんなサイトもそれなりにしっかり作り込まれていることがよくわかります。

 

そしてそんなサイトに囲まれているユーザー(検索する人)も、サイトを見て良い悪いを感じとることができるようになっています。

 

そのため、価値の高いコンテンツをユーザーに提供できる企業もしくはクリエイター(ブロガー)がネットを制していき、ユーザーの支持を獲得し、パイ(アクセスとそれによるマネタイズの成果)を奪っていきます。

 

良いコンテンツをユーザーに提供できるかどうか。それは僕たちブロガーにとって唯一といってもいい価値であり、また死活問題です。

 

この記事では、「あなたの記事がお金にならない根本的な理由と3つのガイドライン」ということで、あなたの記事がさらに良くなるためのアドバイスを書いています。もしあなたが「文章を書くことで、収入につなげたい」「学んだことをしっかりマネタイズしたい」と思うのなら、この記事をご参考ください。

 

 

■マネタイズできるブログを作るために必要な知識

 

▽「マネタイズできるブログ」を定義しよう

 

マネタイズできるブログを一言で言うと、読んでくれた人(ユーザー)が150%満足するブログのことです。

 

なぜ150%なのかといえば、検索した目的を越えた、「満足度」を与えることができたかどうかが、マネタイズには重要だから。

 

例えば、あなたのブログ記事を見た瞬間「あ、この記事こそ自分が求めていた内容だ!」となってくれるものです。

 

kanaさん
と、言いますと?
例えば「ドリップコーヒー 自宅」で検索するとする。その人に対してコーヒーメーカーの商品リンクを提案するのは最低最悪5流以下のコンテンツだね。ユーザーの求めていることに合致していない
こばやん
kanaさん
そしたら、うーん。「ドリップコーヒーを自宅で淹れるために必要なアイテム一覧」とか「自宅で淹れるドリップコーヒーの豆の選び方」とか、そういうのがあればいいのかな?
Good! つまり検索したユーザーの気持ちに沿って、相手の疑問や不安、解決したいことを想像して、それに合わせた記事を書けばいいんだよ。
こばやん
kanaさん
そっか! その話でいけば、いきなりドリップコーヒーの商品リンクを見せても、ユーザーが求める内容ではないわよね?
そういうこと。だって商品リンクを求めている人は、最初っからAmazonやカカクコムを見るからね。
こばやん

 

▽「マネタイズできるブログ」は日記とはまったく違う

 

文章を書くのが好きな人、得意な人はたくさんいます。しかしマネタイズできるブログを書ける人は非常に少ない。それはなぜかといえば、文章を書くのが好きな人は、自分が好きな文章を書くことが好きな人だからです。

 

kanaさん
どういうこと??
日記や好きなアーティストや個人的な恋愛のこと、ポエムやエッセイ調の雑記といったものだね。自分は書いていて面白いかもしれないけど、他人の目線から見た場合にどうかということは意識がないから、マネタイズできるブログとは遠くなってしまうんだ。
こばやん

 

「マネタイズできるブログ」は常に他人から見られることを意識します。他人から見られることがすべてといっても正しいでしょう。自分が書いていて面白いかどうかというのは、まったく考えないほうが最初はうまくいきます。

 

kanaさん
なるほど、普通の文章と比べて、ちょっとストイック。
ただもちろん成果が出てくれば、自分にとって興味がないジャンルを書く時も、文章を書くのは楽しくなっていくよ。
こばやん

 

TOEIC300点台→800点台を可能にした「ポモドーロテクニック」

  「集中力に自信がない…」「大事な作業も、つい後回しになってしまう…」そんなお悩みをお持ちの方は多いと思います。 集中力アップ、時間の有効活用に関して非常に有効なのが「ポモドーロ・テクニッ ...

続きを見る

■ブログを読む人は、そもそも財布を開こうと思っていない

 

ブログを読む人はそもそも何か商品を買おうと思っているわけでも、商品の説明を読みたいわけでもありません。

これを理解していないと、せっかく「検索キーワード」を介して出会った読む人と書く人なのに、正しいマッチングができていないことになります。

簡単にいえば、読む人が読みたいことを提供していない記事に、あなたは間違った努力をしてしまうのです。

 

だからさ、常に僕らはどんな人がどんな目的で、この記事に飛んできてくれるか、考え続けなきゃいけないんだよ! 読者の気持ちにとことん寄り添うことだね。
こばやん
kanaさん
うーん、読者の気持ちにとことん寄り添う、ね。そしたらさ。ドリップコーヒーを自宅で飲む人って、お菓子も一緒に食べることが多いわよね。そしたら、『自宅で淹れるドリップコーヒーの豆の選び方』っていう記事に加えて、『コーヒーに合うスイーツならコレ!地域名産お菓子の通販サイト9選』みたいな内容を紹介するか、その専門記事に飛べるようにするとなお良し?
excellent! その考え方はまさにユーザーの気持ちを150%満足させるものだね!
こばやん

 

■マネタイズできるブログの3つの基準とチェックリスト

 

▽「マネタイズできるブログ」の合格点を満たす3つの基準

 

ここでは、マネタイズできるブログの合格点を満たす基準について、僕(こばやん)が10年ブラッシュアップして使い続けている「チェックリスト」をご紹介します。

これがGoogleから100%合格とされているものではありませんが、実際に僕がブログをマネタイズする際に留意してきたことです。このチェックリストから外れたことは一切していません。

ザっと目を通してみてください。

 

▽1、【タイトル】についての基準

 

  • キーワードが入っており、タイトルの先頭もしくは中盤までに効果的に配置してある。

 

●具体例

なつぞら主題歌「優しいあの子」歌詞とコード、フレーズの解釈※5/21フル解禁!

Youtube Premiumが英語学習に必須である4つの理由

おうちホームステイの料金は?ちゃんと無料で使える?

 

  • 書いてある内容と読んだ後の読者のメリットがハッキリわかる

 

●具体例

「あ、英語話せるようになってきた」とイヤでも実感できるシャドーイングのコツ

日本人の英会話の悩みランキングTOP10とその解消法を紹介するよ!

 

▽2、【書き出し】についての基準

 

書き出しはユーザーが求めていることを質問し、共感を得ることに心血を注ぎます。

ここで大事なのは「ユーザーの欲しいもの、事柄、思いを読み間違えていないか?」ということ。

ドリップコーヒーの淹れ方を探している人に、2万も3万もするコーヒーメーカーの商品リンクを見せてもダメ。一生売れません。

 

また、書き出しによって読むモチベーションを上げられるかどうかも大事です。

モチベーションを上げるためには、ユーザーにとっての魅力、メリットがハッキリ書かれていることが欠かせません。

繰り返しますが、ドリップコーヒーの淹れ方を探している人に、商品リンクを見せても、それは魅力でもメリットでもない。だから、無意味であるどころか、そこでページを閉じられてしまいます。

書き出しに書くことは「悩みや不安を持っている人に対して、『あなたはこんなことで悩んでいますよね?』『もし、悩みがこんな形で改善できたら嬉しいですよね?』というように、相手が潜在的に思っていることも引き出すような問いかけ方が有効です。

 

▽3、【本文】についての基準

 

本文についての基準(書き終えてアップする前にすべて指差し確認をする)

・ユーザーのニーズを捉えているか?(本当にその記事は、読者が存在するか?)
・検索結果の他のページを見なくても、自分が書いたその記事だけで満足してもらえるか?
・まず結論を書いてあるか?(結論→理由の順番)
・直感的にわかる文章になっているか?(一文が短く、主語と動詞が近い)
・読みやすい構成になっているか?
・各段落で納得させているか? (理解があやふやなままで次を読まされるような構成になっていないか?)
・その記事を読むメリットがわかりやすく書いてあるか?
・他のブログにはない高品質の内容が、伝わりやすい言葉で書かれているか?
・読み終わったら、具体的な行動に移れるようになっているか?
・オリジナリティーがあるか?
・実績や事例などで具体例を示しているか?
・文字数、画像数より質が重視されているか?
・難解な言葉や、解釈があいまいな言葉は、その記事なりの定義がされているか?

 

kanaさん
こんなにあるんかーい。
マクドナルドは店舗内だけでも作業マニュアルが1万以上あるとかいうよね(注・実際どうかは働いたことがないので分かりませんw)。それと同じさ。常に高品質で価値のあるモノを作るにはマニュアルがいる。
こばやん
kanaさん
確かにこれだけキッチリしてれば、常に一定の品質で記事を作れそうね。

 

■まとめ

 

せっかくあなたの媒体(ブログ、HP、noteなど)に訪れてくれたユーザー。その人に価値を実感してもらうために、僕たちクリエイターが考えることはまさに山ほどあります。

「難しいなあ…」「面倒くさいな…」と思うのも当然です。

でも、あなたが本気でユーザーのことを考え、気持ちに寄り添い、正しい知識を身に付けて、書き方のガイドラインを理解すれば…。

どんな状況からでも、文章を書いてマネタイズすることは可能です!

 

kanaさん
ヤケに今回は力入ってるわね。
本音でノウハウ暴露しちゃってるからね。というのも、文章を書いてお金にならない辛さは僕が20代のときに嫌ほど味わったんだよ。同じ目にあう人が少しでも減るようにね。
こばやん
kanaさん
そうなんだ。確かにツイッターランドのブロガーには実際に稼げない人が99%と、その人に情報商材を売りつけたい怪しい人ばっかり。少しでも変わるといいわね。
そうだね!
こばやん
kanaさん
てかあなた、フリー素材モデルの河村友歌ちゃん好きすぎじゃない?。

 

 

 

ええやんほっといて。
こばやん

 

■追記 人生は短い、命は確実に毎日減っている ※長いので読まなくていいです。

 

▽お金を稼ぐことは人生を変えること

 

あなたがこういう記事を読んでくれるということは、学校や会社に不満があったり毎日が退屈だったり、お金に不安があって現状を打破したいと願っているはずだと思います。

そんな人はぶっちゃけ、たくさんいますよね。もちろん僕も、その一人でした。特に2010年前後は最悪でした。お金もない、人脈は少しあるけど自分を信じてはもらえない、仕事の何が楽しいのかさっぱりわかりませんでしたよ。

 

ただ、僕の場合はなぜそういう状態だったのかがハッキリしていました。「自分で稼ぐ、そのために自分のスキルを高める、ということを、いつか本腰を入れてやらなければいけない」。そう思っていながら、失敗することが恐くて、結局は行動を先延ばしにする時期がめちゃめちゃ長かったんですよね。

 

人生について、仕事について、お金について、大事なことっていうのはとにかく重くて、考えるのがストレスになるものですよね?

 

ただ、ブログを書いたり、英語を勉強したりして思うのは、その「何もしない、やったほうがいいとわかっていても、結局は行動しない」という選択が一番のリスクだったなということ。これはもう、ほんと痛感しています。

 

もし、あなたが、いまからやるべきことがわかっていながらも、行動を先延ばしにしてしまっている、スキルアップをためらっている、人生を変えたいのに一歩踏み出せない。もし今そんな状況だとしたら、ぜひ上記に書いたことを参考にしていただけたら嬉しいです。

 

ブログを書いて稼ごう! っていうのはとても曖昧で、抽象的な言葉です。またその教え方も、あまりに杜撰な教材が多いと思っています。

しかし誰もが心が弱く、長いものに巻かれることが安心なので、その杜撰な教材を買ってしまうんです。

 

ブログで稼ぐことに、もっといえばお金を稼ぐスキルアップのために、お金を払うことなんてほとんどありません。もちろんある程度、そうだな、ブログ月収100万を超えてくると、今度は「投資」っていう概念が強くなるので(その月に使いきれないお金が20万を超えてくると、口座に寝かせるお金に働かせないともったないなと自然に思うようになりました)、そのためのコンサルティングや学校に入ることもあるでしょう。でも、0円の収入の人が5万、10万、30万と稼ぐためには、別にお金を払うことはないんです。

 

▽ブログで稼げることができると、毎日の楽しさが尋常じゃなくなる

 

ところで、ブログで稼ぐことができるようになると、正直いって毎日が楽しくて仕方ありません。なぜって? もちろんそれはやりたいことが何でもできるからですよ。

そりゃ宇宙旅行とか、高い絵を買うとか、もっといえばロレックスを両手にまくとか、そんなことにお金を遣うことはありませんよ?

でも、家族とのんびり旅行や食事をしたり、親せきの子が来たらそれなりのおもちゃを買ってあげたりすることは、正直いって値札を見ないでできるようになります。

 

いや、ウソつきましたw 見ることは見ますよ値札。でも、その対価に見合う出費だと思えば、1秒で決断して買うことができるようになります。

それと同時に、価値のないものには1円も出さない。例えば100円ショップの商品はほとんどがすぐに壊れてデザイン性もないし、買ってもワクワクしないので店に入りません。

必要なものはお金がかかっても高いものを買い、いずれ売却できるくらい丈夫なものばかり選ぶようにしています。

(そのほうが結果的にお金が残りますし、いい買い物です。)

僕から言わせれば、何の努力もしないで100円ショップでお買い得(本当は違う)の商品ばかりを買って、お腹がすいたらコンビニでおにぎりを買う人のほうがよほど贅沢です。

 

▽いまやらなきゃ、僕は置いていかれると思った

 

人生という壮大なゲームにおいて、少し前まで同じマスに立っていたはずの人が、年収で比べたらいつの間にか雲の上の存在になっていた! なんてことは珍しくないのです。

そしてネットを介したビジネスでは、1ヶ月程度から半年といった短期間でもそれは起こります。

年収が1000万円変わるくらいならよくあることですし、それ以上に辛いのが「あのとき、現状維持を無意識に選択していた自分への後悔」を痛感することがあれば、それはもう生き地獄です。

僕は文章を書いたり、英語を学んだりし始めたそのそれぞれの時期、「いまやらなきゃ、僕は置いていかれる」と心の底から思いました。誰に置いていかれるのか? それは同期の仲間だったり、仕事のライバルだったり、自分を好きになって欲しい異性だったり、まあそんなところです。

 

僕は現在、学生時代では考えられなかったような毎日を送っています。

そりゃ最初は、死に物狂いでダンボール50箱分の「プロの文章の書き写し」をやって、辛かったですよ。でもいまはそりゃあ年収何億なんてレベルとは程遠いものの、ある程度好きな仕事をして、嫌いな人とは離れることができて、「ぶっちゃけ仕事が楽しくて仕方がないし、もっともっとステップアップしたいわ」という生活です。

 

kanaさん
話なげ~よ~。
ええやんほっといて。
こばやん

 

 

この毎日を得られたのは「人に読まれ、人を動かすことのできる文章の書き方」を学んだからです。

 

これを実感しているからこそ、ツイッターなどで「ブログ半年やってるけど全然利益が出ない…」「大丈夫!ブログは長期で頑張っていくものだよ(詐欺師)」というやり取りを見ると、いてもたってもいられないのです。もちろん、実際はそっと画面を閉じますが…。

 

今回は「あなたの記事がお金にならない根本的な理由と3つのガイドライン」という内容でお送りしました。ご参考になれば幸いです。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で英語のさぷりをフォローしよう!

-文章術
-, , , , , , ,

Copyright© 英語のさぷり , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.