英語関連書籍レビュー

山内勇樹著「世界のトップ大学に編入する方法」レビュー

投稿日:

 

この記事を読んでいるあなたは「海外の大学に憧れている」「海外の大学に編入してみたいけれど、実際どんなことをすればいいかわからない…」という思いをお持ちかもしれませんね。

もしくはすでに大学を卒業したけれど、社会人になって留学を考えている、これからのキャリア形成のために海外の大学に入りたい、というお考えがあるのかもしれません。

今回は留学コンサルタントの第一人者である山内勇樹氏の著書「世界のトップ大学に編入する方法」についての内容や口コミについてまとめています。海外の大学に編入することを目標にしている人、なんとなく海外の大学に憧れている人も、ご参考になれば幸いです。

 

 

kanaさん
今回は英語の内容じゃなくて、海外の大学に行きたい人向けの本なのね。

そうだね。今の時代、海外の情報も昔より格段に入ってくるし、留学や編入に視野を広げる人も増えているよ。
こばやん

 

■山内勇樹著「世界のトップ大学に編入する方法」の概要

 

 

内容紹介※Amazonより

◎普通の高校生でも「世界のトップ大学」を目指せる!

世界大学ランキングは、東大43位、京大88位。それよりランキングが上の、UCLA(16位)、カリフォルニア大学UCバークレー校(13位)、そしてスタンフォード大学(3位)などに合格できる秘策があった。その秘策とは「編入」。この方法であれば、高校の成績や英語力は、まったく関係ないのだ。

◎著者も偏差値39からUCLAへ!

著者自身、高校は体育学校でバスケットに熱中していたため偏差値は39。そこから米国へ留学し、編入学で世界ランキング16位であるUCLAに入り、卒業。その後同じルートで500人以上の普通の高校生をトップ大学に送り込んだ。今回の著書はその「編入入学」を成功させるための完全ノウハウガイドである。

◎日本人だけが知らない「編入」ルートとは?

アメリカでは、大学に入学するときに主に2つのルートがある。ひとつは高校から大学に入る「フレッシュマン入学」。そして、もうひとつは、高校卒業後に、トップ大学よりランクの低い大学や短大に入学して、そこで必要な単位を取って編入する「トランスファー入学」。たとえばUCLAを目指すのであれば、UCLAに編入できる系列の「短大」を選び、そこで「好成績」を取ったり、ボランティア活動などを行うことで、トップ大学に編入できる。

◎英語が苦手でも「好成績」が取れるノウハウも!

好成績を取るのは大変そう、と思うかもしれないが、例えば「体育」を選択すると、どんなに運動音痴でも全出席するだけで「A」が取れる。ほかにAを簡単に出してくれる先生を選ぶやり方、Aが取れなさそうだったら、一旦、授業を「辞退」して、再受講する…など普通の高校生でもできる攻略法を具体的に紹介している。

◎受験に失敗、引きこもり、日本になじめない子が変わった!

子どもの可能性は果てしないもの。中学や高校の受験に失敗しても、この「編入」ルートで人生が変わった子はたくさんいる。高校に行けず、ほぼ引きこもりだった生徒がアメリカへわたり「編入」でMIT(マサチューセッツ工科大学)に合格したり、偏差値50の普通の学校の女子高生がドラマに憧れて留学し、トップ大学に入学した例もある。どんな高校に行っても、結局は「最終学歴」がモノを言う。さらに英語も完全マスターできるため、就職に困ることもない。このルート、知らないと損をする!

 

■山内勇樹著「世界のトップ大学に編入する方法」で得られること

 

◎山内勇樹著「世界のトップ大学に編入する方法」の2つのポイント

 

山内勇樹氏は偏差値39から留学、UCLAを卒業した人。その後、500人以上の高校生をトップ大学に送り込んでいます。

その後、「おうちホームステイ」という無料英会話教材をリリースし、英語教育の第一人者としてもキャリアを積まれています。

 

おうちホームステイの料金は?ちゃんと無料で使える?

  1日たった30分、無料で英語がペラペラになると話題の英会話教材「おうちホームステイ」。 多くのアプリやサイト上で、広告や体験談を見たという方も多いと思います。 また、実際に体験した方の動 ...

続きを見る

 

山内勇樹氏のさらに詳しい経歴については、こちらの記事もご参照ください。

 

おうちホームステイ講師の山内勇樹(やまうちゆうき)の実績を徹底検証!

  ネットやスマホで無料でできる、新しい英会話学習の「おうちホームステイ」。講師の山内勇樹先生について「本当に効果のある学習法を教えてくれるのか?」と心配になっている人が多いようです。 また ...

続きを見る

 

「海外のトップ4年制大学への編入学」の完全ノウハウである本書では、「アメリカの州立(公立)短大→アメリカの州立(公立)のトップ4年制大学」というルートを紹介しています。

その後、どのように短大で好成績を取り、トップ4年制大学へ編入するかのノウハウが語られています。

ノウハウにおいて、重視すべきポイントは2つあります。

  1. アメリカの短大(コミュニティ・カレッジ)は日本の短大と同程度のレベルのところも多く、極めて入りやすい。
  2. 短大の授業で「A」評価を取り続けることで、スタンフォード大学など超有名4年生大学への道が開ける。

これらを意識し、まずは州立の短大(コミュニティ・カレッジ)に入ることを目指します。

また、本書では州立の短大に入るために必要なことや、気を付けたほうがいいことなどが詳しくまとめられています。

 

◎海外の大学に編入するためのお金の問題は「奨学金」でカバーできる

 

海外に行くとなるとどうしてもお金の問題が出てくると思います。本書では奨学金について詳しく語られており、実際に著者もこれを活用して卒業したそうです。

筆者が紹介する奨学金制度は下記4つです。

  1. 編入で4年制大学を目指す生徒に出される奨学金(5~100万円)
  2. 特定の専攻の学生に出される「デパートメント」奨学金(5万~50万円)
  3. 女性専用の奨学金(5万~50万円)
  4. ボランティア、生徒会などの課外活動に積極的な生徒への奨学金

しかもこれらは「重複可能」!2年続けて申請が通れば、最大2倍の金額をもらうことができます。

また、これら以外の奨学金について調べる方法についても本書では語られています。

もちろん奨学金をもらうためには、そのための努力が必要です。

しかし、本書では奨学金は決して一部の天才だけがもらえるものではなく、誰でもやり方次第で可能ということを強く説明してくれています。

「海外の大学に行きたいけど、お金が足りない…」という悩みは、これで解決の可能性が出てくるといえるでしょう。

 

kanaさん
もちろんサボっちゃったら奨学金ももらえないから、本人の努力が必要よね。

Sure. でも、本気で海外の大学で学びたいと思ったら、それくらいの行動は誰だってできるさ。
こばやん

 

◎山内勇樹著「世界のトップ大学に編入する方法」はどれくらい売れている?

 

kanaさん
ではここで、当ブログレビュー記事ではお決まりとなりましたAmazonランキングの紹介をしてみましょう。

仕切りたがりかよ。
こばやん

 

 

kanaさん
この記事を書いている時点(2019年3月)でAmazon売れ筋ランキング25,461位ということですが、これはどんな売れ行きなの?

まあザックリいえば毎日10冊以上ポンポン売れてるレベルだね。海外の大学に編入したい人にとって、一度は目を通す本になるんじゃないかな。
こばやん
kanaさん
ミリオンヒットではないけど、いつも安定して売れてるアーティストみたいな感じね。いわばコブクロ?
確かに彼らも長く売れてて、認知度半端ないしね。
こばやん

 

◎山内勇樹著「世界のトップ大学に編入する方法」の購入特典

 

本書を購入した人には、特典として2つの無料プレゼントがあります。

購入者特典がもらえる読者専用サイトがありますので、そちらから2つの特典をダウンロード可能です。

 

 

実はこの特典は、本書のノウハウを使って海外大学に編入するために、とても重要なアイテムとなっています。

特典は下記の2つ。

  1. コミュニティ・カレッジへ留学するまでの書き込み式スケジュール表
  2. GPA自動計算シート

コミュニティ・カレッジとはアメリカの大学のひとつで公立の2年制大学のこと。これらの大学は私立大学と違い、もともとは地域住民のためにつくられたため「望めば誰でも学べる」というコンセプトがあります。また、そのため「学費が安い」「入学の難易度も低い」という特徴のある学校です。

そしてコミュニティ・カレッジの卒業後は、4年制大学に編入できます。これが本書で最も語られるノウハウです。コミュニティ・カレッジへ留学するまでの書き込み式スケジュール表を使うことで、それまで海外の大学についてほとんど知識がなかった人でも、現実的に海外の大学に編入する道が開けてきます。

山内氏のコンサルティングを受けた日本人留学生は、コミュニティ・カレッジを経由したトップ4年制大学への進学を求め、渡米することがメイン戦略となります。

 

kanaさん
なるほど、そう考えるとアメリカってすごく教育レベルの高い国ね。

そうだね、しかもそこから4年制大学への編入も協力的っていうことは、やっぱりアメリカはすごい国なんだよね。大学のランキングでいうと東大は世界43位、京大は88位。でもUCLAは16位、スタンフォード大学は3位!
こばやん
kanaさん
どんどんグローバル化するこれからのことを考えると、海外に行きたい学生が増えてもおかしくないのね。

 

GPAとは、「Grade Point Average」の略。特殊な方式で算出された成績評価のことで、アメリカをはじめとして多くの国の大学が成績の指標として取り入れています。

昨今、日本でも取り入れる大学が増えてきていますし、就活でもこの指標が重視されつつある現状です。

 

前述の通り、「コミュニティ・カレッジへ留学するまでの書き込み式スケジュール表」を使うと、どんな手順で、どんな準備を、いつ頃から進めればいいかがわかるようになります。

また、GPA自動計算シートを使うことによって、本来複雑でわかりにくいGPAの数値を自動的に算出できるようになります。

 

海外のトップ4年制大学に編入するまでの流れを大きくまとめると…

 

  1. コミュニティ・カレッジへ留学するための準備
  2. 実際にコミュニティ・カレッジへ留学し、「A」の成績を取る
  3. 4年制大学への編入の手続きや審査を受ける
  4. スタンフォード大学やUCLAなど4年制大学に編入!→世界トップレベルの学歴を手に入れる!

 

kanaさん
すごく大雑把でざっくりだけど、確かにこういうことね。

何をすれば世界トップの学歴を手に入れることができるか、その目標に絞ってノウハウが書かれているよ。若い人は特に、挑戦しがいがあるんじゃないかな。
こばやん

 

 

■まとめ

 

今回は【山内勇樹著「世界のトップ大学に編入する方法」レビュー&口コミ】という内容でお送りしました。

これまで海外の大学に編入するというと、ごく一部のお金持ちや、高校までの偏差値が70以上など優等生ばかりが選べる道だったと思います。

しかし本書で語られる方法を使うことによって、本来の苦労が軽減され、効率的にトップ大学へ編入することが可能になるのです。

もしあなたが「海外の大学に憧れている」「海外の大学に編入してみたいけれど、実際どんなことをすればいいかわからない…」という思いをお持ちでしたら、本書をご一読されることをオススメします。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で英語のさぷりをフォローしよう!

-英語関連書籍レビュー
-, , , , , ,

Copyright© 英語のさぷり , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.